久しぶりにビールのみました

いつも行かないお店に立ち寄ったら、ビールが安かったので買ってしまいました。

 

最近発泡酒とかが多かったから、本当のビールを飲むのは久しぶり。

 

夕食が楽しみで仕方なかったですよ。

 

 

 

というわけで、おかずは焼き魚とか、まあその他諸々なんですが、用意しまして、

 

ビールをひさびさにあけるわたし。

 

 

 

・・・うーん、いいですねぇ、ビールは。

 

やっぱりビールはうまい!発泡酒とか第三とかとは違いますね、ビールはビールだわ。

 

なんだか今日はうちの犬も陽気に見えてくるから不思議です。

 

 

 

それで思ったんですが、よく考えると、昔はビールしか無かったんですよね。

 

発泡酒なんてものは存在しなかったから、何の疑問も無くいつもビールを飲んでいたわけですよ。

 

まあ、自分が大人になったあたりはもうそういう時代は終わっていたけど、

 

当時はみんながビールをのんでいたんですよね。

 

いい時代だったなぁ、うらやましいなと、思ってしまいました。

 

 

 

ただ、それを言うならですが、今の方が洋酒やら何やらが安くなっているわけですから、

 

どっちもどっちなのかもしれないとも思います。

 

 

 

ビールがいいか、ワインや日本酒の値下がりがいいか、迷いますが・・・

 

わたしはやっぱりビール、じゃなくてその他の酒が安くなったことのほうがいいかな?

 

たとえたまにしかビールが飲めなくても、そう思いました。